FC2ブログ
ピアノ発表会
2020-01-19 Sun 23:47
孫四人のうち、最年長はバイオリン、次はチェロ 
続くのが内孫二人 今、ピアノを習い絶体音感習得中
ほどほどに、やってくれればと思いつつも、ついつい力が入る
みんな、頑張れ・・・❢

スポンサーサイト



別窓 | 音楽 | | |
考えさせられた❢
2019-12-28 Sat 23:46
2019DSC_0003 (1)

2019DSC_0003 (2) 2019DSC_0003 (3)

第一バイオリン 4名 第二バイオリン 3名  ビオラ 2名  チェロ 1名  コントラバス 1名 の N響のメンバー
そして、メインで、8●歳の フジコ ヘミングのピアノ のコンサート
いろいろと考えさせられた、コンサートだった 理由は、あえて言わず・・・・。
ただ、もう一回行くかと問われると・・・・・NOだ ❢
N響のメンバーにも、後悪さを感じた・・素人ながら・・・・・・❢
別窓 | 音楽 | | |
山下達郎
2019-10-20 Sun 23:06
kbnrDSC_0059.jpg★満員のレグザムホール

まず抽選では当たらないだろうと思って居たチケットが、手に入った
山下達郎の高松でのコンサートチケットだ。
当日は、老生の、誕生日とあって、コンサート後の食事も期待していたらしい家内は元気溌剌(笑)
開演まじかに座ったが、なるほど2000人強のホール満員だった
コンサート・・・・当初からドラムとアコーステックギターの音量が気になり、彼、本人の声が今一つ聞こえにくく、印象が悪くなる前に、休憩時間で帰ろうと考えていた
が、開演50分ぐらいから、演目が変わり、ソロで歌いだし、アカペラも披露される頃には、中座して変えることを忘れることに(笑)
結局、最後までいたのだが・・・・(笑)
自作の・・・・曲目聞き落とし不明だが、お子さんとマクドナルドで食事していた時に、窓際のカウンターで、サラリーマンが、左ひじを当て、バーガーを手に、切なくコーヒーを飲んでいる姿を見て、これは曲になると思い作った曲と・・・・前置き設計があった曲・・・・ソロで、熱唱❢
そして、アカペラで、La Vie en Rose 素晴らしかった、さすが山下達郎と・・・・・・絶賛したい。
もう、66歳になったとか・・・剥げているのだろうか、キャップを被りギターを弾く姿勢、前かがみが、いつもの姿勢なのか?初老
であるのを物語っているのか??????、・・・が、しばし頑張って、演奏活動をしていただきたいものだ・・・。
夕食は、時間も遅くなり、店には、滑り込みセーフといったところで、誕生祝、鮨を・・・!
カウンターに家内が、出してきたのは、孫たちのお祝いお約束券を多数・・・。
孫達の約束券は、不当りも多々あるのだが(笑)、一番うれしい誕生祝いだ・・・・。
もっとも、内心は誕生日がいつまでも来ないのが、一番いいのだが・・・・・・・。
そういえば、山下達郎も 歳を重ねて行き、周りの友人の様子が変わってくるのを見、感じ、誕生日は来ない方がいいのにと、いっていたなぁ・・・・・舞台で❢

★高額のクラシックチケットでもない、身元?顔写真が必要だったのには驚いた、初めて❢テロ対策?? ムーン❢何だろう?? 
tttDSC_0061.jpg tttDSC_0062.jpg
★ 孫たちの約束手形お祝いメッセージ・・(笑)
pqicDSC_0004.jpg vie3iDSC_0011.jpg
別窓 | 音楽 | | |
空母いぶき
2019-05-28 Tue 17:37
DSC_0005_201905281419544e5.jpg DSC_0006_20190528141953790.jpg DSC_0007_20190528141953f74.jpg
ある程度は期待して行ったが、やはり、やはりの映画だった。
専守防衛の理論憲法と現場とで起こることの矛盾を描きたかったのか ?
それとも海自の艦の装備のお披露目映画なのか?、
外交交渉の成功を描きたかったのか?? 
メディアも戦争回避に一役、力添え出来ると、言いたかったのか??
敵艦、戦闘機が押し寄せる戦闘シーンに並行して、現場では敵の人命も大事と、官邸では、総理が、「我が国は絶対に戦争はしません」と発し、コンビニの店長が書いた [人類、皆おともだち・・]のメッセージが、再三出てくるのには、専守防衛とは一体何なのかと、違和感と不快感を感じたものだ、この場に及んでもかと・・・・。
この手の映画、脚本家や監督が下手に、ハッピー?エンドにするよりは、国民に将来起こり得る問題として提起する描写にして、交戦状態のままで、ENDの方が、迫力があり臨場感のある、訴えになって良いと思うが・・・・・私は。
とにかく、何かわからない、消化不良の映画だった・・・私には❢


別窓 | 音楽 | | |
久しぶりの映画鑑賞
2019-03-04 Mon 15:39
kuaDSC_0016.jpg

がっかりした・・・・喜望峰の風にのせて・・・・・・ちと、お粗末だった
納得できたのは、最後に、行方不明になったヨットマン?の妻が取材に来たメディア、スポンサー、そして市民に訴えた言葉
それは、現在にも、通用する言葉だつた
この映画は、ヨット・・世界一周という当時としては、華やかさ肝いりのニュースソースを通じて、現在のメディア批判と受け止めると、納得の映画だった。
映画の中でのセットで使ったトリマラン、50年程前の想定だが、ウインデックスは今のものと同じ[WINDIKS10]・・・なみこまちと同じものだった(笑)
セットとしても、脚本も非常にお粗末だったし・・・・・・・・。
そう感じたのは、私だけかぁ・・・・!

別窓 | 音楽 | | |
| MACHIHOUSE 陸 | NEXT