FC2ブログ
CAFE 古屋 で 作陶展
2020-03-11 Wed 17:02
G0320251.jpg

G0120143.jpg

G0210185.jpg G0190177.jpg G0100134.jpg G0230193.jpg G0220192.jpg G0290232.jpg
G0280231.jpg G0090129.jpg G0160168.jpg
                      ★ 作品・[ ひと葉 ] の 釉薬は、織部
今日から、藤見窯の生徒?の二週間にわたる作陶展・・・・丸亀の438号線沿いにある喫茶店での、フレンドリーな展示会だ
老生、作陶一年生だが、出品の栄誉に預かった
20点ほど作品を展示している お店の設え、面積等の関係で、二週間を前期、後期で分けて、展示することになっている
諸先輩の作品は、釉薬の色も綺麗で、流石と思わされられ、切磋琢磨しなければと思うばかりだ・・・・❢
老生の、今週の作品 [ひと葉 ] は、先生の隣に、面白い演出で展示している・・・・ タンスの中だ・・・・。
来週は、作品名 [ 濡鴉 ] と、なっている
この日は、ちょうど新聞社の取材があり、先生が説明されているときに遭遇・・・先生の生の批評を聞くことができ、参考になった。
記事は、今週中に四国新聞の一般の記事として載るらしい・・・・・・楽しみだ。


 
別窓 | | | |
作陶展
2020-03-05 Thu 14:33
作陶展をするので、二作品出すように、前期、後期で、一作品出すようにと、厳命を受けた。
まだ、一年坊主だ、展示するものが、見当たらない
まだまだ、作品に満足したものもないし・・・・・皆さんがどのようなものを出されるかも、わからないし・・・・・。
不安の中、作名 [ いち葉大皿 ] 「黒墨大鉢 ] の二つを出すことに、決めた。
さてさて、どうなることか???????????????????????

llkDSC_0001.jpg

sbxrDSC_0006.jpg

別窓 | | | |
十四作目の続き
2020-02-20 Thu 17:10
DSC_0030_202002201710088e1.jpg

タタラ作りの2枚の内、一枚は失敗
箱皿にするつもりだったが、立ち上がり部分を削り過ぎて失敗
で、箱皿の立ち上がり部分を切り取って、タタラ板に❢

DSC_0032_20200220171008803.jpg

タタラ板は反り返りやすいので、重しを置いて、反りを少なくしている
別窓 | | | |
十四作目 タタラ作りで小皿
2020-02-13 Thu 17:26
タタラつくりで、小皿を・・・・
作成していて、どこか変??
それが分かったのは、二皿目の時だ
型板がカネテになっていない❢
要するに、台形になっているのだ
12cm×24cmの大きさだ
これを、五枚作る予定にしていたが、変更しなくてはと、脳裏浮かんだが、後はいつもの様に「えい、やぁー❢」だ。
来週、各辺がカネテになっている型板を一枚作って、三枚作成することにした そして、今日のとで計五枚だ
今回は、この小皿、カネテになっていないのもさることながら、他にもどこか変、変なのだ。
四方を立ち上げすぎているのか、硯箱のような気がする(笑)
大きめの硯箱だ(笑)
この五枚、何とかしなくては・・・・・来週まで、船中八策と行くかぁ・・・・・❢

vvvDSC_0003.jpg vvvDSC_0004.jpg
作陶展をするという
出展するようにとの先生からご下命いただいた・・・・[泣]
まだ、一年生でもあるし・・・・・・先輩諸氏の様子もわからないしと・・・・・・・躊躇❢
場所は、喫茶店? 今はやりの古民家改造した場所でだ
展示会場でないだけ、気が楽か?????
ghuDSC_0002.jpg vvvDSC_0001.jpg                                                        ★その喫茶店のランチ





別窓 | | | |
十三作目
2020-02-03 Mon 23:27
先生に、腰の張りも、形になってきたと評価いただいた十三作目
直径35cmの皿だ
まだ釉薬をどうするか?
どうかけるか?
決めていない、素焼きしたところで考えようか???

ltxcDSC_0012 (6)  ltxcDSC_0012 (7)
別窓 | | | |
BACK | MACHIHOUSE 陸 | NEXT