FC2ブログ
爺、馬鹿・・・。
2007-12-16 Sun 22:17
すこし前、ヴァイオリンを習っている孫に、ジィジと〔きらきら星〕、一緒に弾こうかぁと言って、私は、三線を習い始めた。
冷やかし半分、楽しみでもあった・・・。
そして、当初はどちらが上手、下手とまでの評論は出来ない程度だったが、・・・・・。
昨今、聞く、孫のヴァイオリン
手の動き、音色、間、力強さ、まだ、二年経っていないのに、完全に引き離されているといったものではない、完敗を感じていた・・・。
チェロを習っている婆さんも、「凄いってものじゃあないわよ・・」と、自分が引き離されているのを、認めているほど・・・。

DSC_0054.jpg
発表会の孫の楽譜

昨日、孫の発表会に行ったのだが、お兄さんお姉さん達に交じり、多くの人の前で堂々引く姿と、ヴァイオリンの音色に、〔おっ、我が孫、天才と違うのか??〕と、・・・・笑い。
同じように来ている、多くの爺さん婆さんも、孫の晴れ舞台を見ながら、聞きながら、そう思っているのでしょうが・・・・・。
こちらから見ると、鼻水垂らしていて、〔おいおい・・・〕と、言いたい子供でも、「うちの子が一番可愛いナァ」と思っている親と同じでしょうね・・・笑い。
まだ幼稚園。
来年から小学校の孫。
私が読めない〔楽譜〕を、見ながら、先生と一緒に力強く難なく弾いているのを聞いていると、〔やっぱり、ジイジから見ると、孫は天才だぁ〕・・笑い。
・・・今日は、孫の自慢話で、すみません・・・
スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | | |
| MACHIHOUSE 陸 | NEXT