FC2ブログ
ミサイルと報道
2012-04-12 Thu 22:52
4/12は、日本にとっても、沖縄にとっても大変な日だ、そのはずだ・・・。
今日から4日間の間に北朝鮮から大陸弾道弾もどきのミサイル発射実験を東シナ海に向けて発射するという
テレビも、ラジオも新聞も、他のニュースを排し、この一点に絞っての報道ばかりだ。
沖縄、石垣島を中心に昼の報道番組は過熱している
地元住民のインタビューでは、住民が戦々恐々としていると・・・・・
が、今日私が、沖縄、那覇市周辺を動いてみるとその様子は微塵ともない
中国、台湾、韓国の言葉が、あふれかえりその中に日本人観光客がいると言った具合だ
市民も、まったく気にしていないと言えばウソだろうが、ほぼ他人事のように振る舞い、仕事、そして、遊びに惚けている

どう見ても、メディアの過激報道が気になる
沖縄は、平和そのものだ・・・ナンクルナイサぁ・・・そのものだ
どのメディアも、今の北朝鮮の状態を、そして過去の話を克明には説明してくれるが、日本国としての防衛の問題提起をしようとしない
今の日本の国家予算で、国家防衛が出来るのか 北朝鮮、中国とどう対峙しなければならないのか、今回の北朝鮮の発射実験を[起]に、我々は、どう考えなければならないのかの、どうしなければならないのか、問題提起をしないメディア、評論家、知識人・・・・。
芸能もどきのニュース構成、たぶん4日後には何もなかった、すべて解決したかの如くの、[喉元過ぎれば 熱さ忘れる]ニュース構成に戻るだろう
今回も、この手の一過性の報道にどうしても疑念を、持たざるを得ない。

そんな中、那覇空港西の、瀬長島に行ってみた
通常訓練だろうが、18:10 
民間機の合間をぬって、那覇空港から4機の離陸する戦闘機の爆音に、[国の防衛]を、再認識しました


スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | コメント:0 | |
| MACHIHOUSE 陸 |