FC2ブログ
我が家の鯉のぼり
2017-04-24 Mon 15:35
早いもので、鯉のぼりを上げるのは、今年で3回目、内孫が4歳になる。
息子嫁の実家から送られた、鯉のぼりは、根元が超特大の直径18センチのアルミ製ポール
ポールを立てるのに四人がかりで、つながるポールをスライドさせながら、ボルト止めしつつ、一時間強。
一汗かく。
今年は、そんな作業をしつつ、孫が何歳になるまで揚げるの???と、言う話題になった
息子の時は、仕事にことかけて自分自身が揚げた記憶がないくらいだから、そんなことを考えたこともなかったが・・・。
七、五、三というのがあるから、七歳までではとか、まっ、あげられるまで揚げればとか・・・結構いい加減な意見が、続出 
で、結論は出ず
調べてみると、やはり決まりはないようだ。
一番納得できた意見は、元服までという話だった
元服までというと、14~15歳までということになる 中学生ぐらいまでということだ。
中学生になってまで揚げていると、本人が嫌がるのではとの意見もあつたが、男の子の成長と、家族の安泰を祈念しての、鯉のぼり、の習慣に、考え方に、妙に納得がいった。
孫が中学まで揚げるとなると、足し算すれば分かるが、今の歳に11~12を足すということは、大変な歳になっていることになる。
家族に、病人でもできると、天気が良いからと今のように毎日揚げることもできないし、又、そういう気分にもならないだろう
重労働な鯉のぼり揚げ、耐力勝負で自信がないが、鯉のぼりを揚げるということは、家族安泰の表示になるだろう。
面白半分に始めた、自身のブログだが、今や、しばらく書き込みをしないと、病気かぁ?????と、メールが来るようになった。
同じように、鯉のぼりを揚げるということは、家族安泰、爺じも元気ですよぉーーっての表示になるかもしれない。
そう思うと、鯉のぼりも、違った目で、気持ちで見ている、今日この頃だ。
 


スポンサーサイト
別窓 | 雑談 | | |
| MACHIHOUSE 陸 |