FC2ブログ
空母いぶき
2019-05-28 Tue 17:37
DSC_0005_201905281419544e5.jpg DSC_0006_20190528141953790.jpg DSC_0007_20190528141953f74.jpg
ある程度は期待して行ったが、やはり、やはりの映画だった。
専守防衛の理論憲法と現場とで起こることの矛盾を描きたかったのか ?
それとも海自の艦の装備のお披露目映画なのか?、
外交交渉の成功を描きたかったのか?? 
メディアも戦争回避に一役、力添え出来ると、言いたかったのか??
敵艦、戦闘機が押し寄せる戦闘シーンに並行して、現場では敵の人命も大事と、官邸では、総理が、「我が国は絶対に戦争はしません」と発し、コンビニの店長が書いた [人類、皆おともだち・・]のメッセージが、再三出てくるのには、専守防衛とは一体何なのかと、違和感と不快感を感じたものだ、この場に及んでもかと・・・・。
この手の映画、脚本家や監督が下手に、ハッピー?エンドにするよりは、国民に将来起こり得る問題として提起する描写にして、交戦状態のままで、ENDの方が、迫力があり臨場感のある、訴えになって良いと思うが・・・・・私は。
とにかく、何かわからない、消化不良の映画だった・・・私には❢


スポンサーサイト
別窓 | 音楽 | | |
| MACHIHOUSE 陸 |