FC2ブログ
焼 き 芋
2018-10-30 Tue 22:28
iiDSC_0007.jpg iiDSC_0010.jpg

★ 今年のサツマイモは、頂き物 孫達が、某建設会社のお祭り行事に参加して、いただいてきたものだ
良くできている、流石だ 
洗って、新聞紙にくるので散水し、アルミホイルにくるんで、焚火の中に・・・・・
音楽聞きながら、落ち葉、枯木が燃え尽きるまで、ボンヤリとした時間をすごす
ホッコリとした、美味い味だったが、これ昼食よ❢ と、いわれたのには、がっくり・・・(笑)
もっとも、15時に、遅い昼食?? 間食を取ったが・・・・・(笑)

なんとなく、ゆっくり時間が、流れた一日だったのだが、祖父が着物?丹前?を着て、焚火をしているのを、何故か思い出した。
どうしてだろう・・・・・(笑)❢
祖父のあの時の歳と、私の今の歳、同じくらいだったのだろうかと・・・・も。
ふっと、歳月を思い、昔のあの頃の風景、人々を思いだそうと、焚火をほんやり見ていた自分に、歳を感じた焚火だった

iiDSC_0008.jpg



別窓 | 菜園と造園 | | |
まだまだ続く焼却作業
2018-10-22 Mon 16:14
mmDSC_0010.jpgmmDSC_0012.jpg
mmDSC_0014.jpgmmDSC_0017.jpg
庭師の代わりに土工を入れての剪定?伐採作業の残工事は、焼却作業だ
前回に続いて二回目だ
まだ、二回ほど焼却作業をやらねばならないだろう
田んぼの焼却だけは、貸していた関係上荒れ、雑草が大きくなり、刈るのに大変
が、何とか目安が付いた
しかし、田んぼの雑草と、庭の木々の伐採した残木を焼却し、そうとう焼いたつもりだが、がっくりだ!
上空から撮影してみると、トラ刈状態?いやいや、トラ焼き状態だ
もう一度乗用草刈機で、刈り取らねばならないようだ
とにかく、今年は、手間のかかる、疲れる歳だ
DJI_0003.jpg
別窓 | 菜園と造園 | | |
いたるところで焼却中
2018-10-15 Mon 13:46
tttDSC_0007.jpg
庭の紅葉一本、杠の木一本が立ち枯れした
3月ぐらいから、おかしいと思っていたのだが、ダメだった
土工3人呼んで、カイヅカの木を剪定したり雑仕事をしたときに、一緒に切ったもらった
これらの剪定のあと始末に毎度頭を悩ませるが、今回も一挙に焼却することに・・・・・・。
一部は、暖炉を持って居るヨットの友人に、幹をもらってもらった
小枝は田んぼで焼けても、幹は無理・・・時間がかかるし、巻き割をしなくてはいけないからだ・・・・・
その友人は体力づくりにジムに通っているし、巻き割は体つくりとマキの確保で一石二鳥・・かな?
こちらは勝手にそう思っている(笑)
私も、小枝だけの焼却で、助かりました・・・・(笑)
今週は、桜の枯れ葉に、カイヅカの枝木の焼却も含めて、この手の仕事で忙しくなります・・・。
DSC_0034.jpg DSC_0033_2018101513335689e.jpgDSC_0035_20181015133356929.jpg uuuDSC_0008.jpgDSC_5308.jpg
いたるところで焼却中の追伸
別窓 | 菜園と造園 | | |
キャンセル
2018-09-25 Tue 16:30
六年契約で公益財団法人香川県農地機構と田んぼの貸借契約を結んでいたが、キャンセルした
当初は、ひまわりを咲かせタネを取り、今はやりの、ひまわり牛を作る手助けをするとか、豆を植えますとか、借り手はそこそこのアピールをして、こちらも、どうせ遊ばせている土地だからと、賃貸契約を結んだものだが・・・・・
作る気配全くなく、田んぼは荒れ放題 で、今日連絡をしてキャンセルをした。
雑草も立ちが高くなり、これからは枯れるだろうが、何かの拍子に枯れ草が燃えだしたら大変なことにと、心配。
多少、農地機構からなにがしかの話は、来るだろうが、作物を作らない時に、こうもあれると手が付けられなくなるので、今日キャンセルしたついでに、思い切って、草刈をした。
長く生えた雑草に、土はぬかるみ状態で、半分ぐらいは草刈をしたが、4WDの草刈機がぬかるみに入り動けなくなる始末に・・・(泣)
二回ほどなり、通路側から車で引き、どうにか脱出することが出来たが、大変な目にあった。
土地、安易に人様に貸すなどと考えるものではないなと、反省した今日の一日でした・・・・。


DSC_0003_2018092516084122f.jpg   DSC_0013_20180925160839375.jpg

DSC_0010_20180925160837c69.jpg


別窓 | 菜園と造園 | | |
草刈
2018-09-19 Wed 16:52
zzzDSC_0007.jpg
しばらく雨という予報に、今日は草刈をした 残木も焼却し、すっきりとした
が、お隣の広大な畑は、依然、雑草がぼうぼうと茂り、うっそうとしている
先月ぐらいからだろうか、もうこの時期になれば、雑草を刈っているのにと・・・・・気が付き出したのは。
お歳は、80歳後半だろうか? 持ち主は・・・・。
背筋もしっかり伸び、足腰もしっかりし、非常に元気で、見るからにお百姓さんとわかる人だったのだが、今年の猛暑に、ダウンされたのだろうか?
息子さんは、某建設会社の社長やっているという話も小耳には挟んでいるが、畑の管理には手が回らないのか、興味がないのか・・。
先月の坂出の与島港の、京阪フィッシャーマンズワーフの、衰退し荒れ果てた様子とリンクした、隣地の畑の様子に、人が手を加えなくなり廃墟化?した土地のみじめさをつくづく感じた。
畑も、人間関係と同じで、3年放置すると、もう元には戻らないと聞いている。
我が家も、いまのところ老体が管理しているが、将来は未定だ、
管理していても、まったく生産性は無い土地だ。
が、愚息は何とか管理しながら考えるとは言って要るので、なんとなく励みとして、管理しているが・・・・・・・・。
昨今、田畑を持って居るものの、共通の悩みのようだ・・・!
今年の秋の草刈は、そんな思いをしながらの、草刈作業だった・・・歳だ・・・・・作業所用時間・・・1時間弱❢

zzzDSC_0008_20180919155852a87.jpg
こちらの畑❢
菜園と称して、野菜作りに長く遊ばせてもらった畑❢
先日、又、サカタのタネから、[家庭園芸 秋号]が送られて来たが、注文はせず
今年の夏。
いままで、隣の畑と同じ状態だった畑だが、 今日同時に草刈作業をして、さっぱりしたので、家族に、菜園中止宣言をした
飛び交う蚊を気にしての、真夏の草抜き作業に、ギブアップしたのだ。
にわか百姓では、労働がきつすぎた、足腰が痛くなり、正直言って、海での遊びとの両立は無理だった、
無理になったというのが、正確か(笑)
で、今、所有している機械で、出来そうなものと言うことで、[桃の木]を植えることにした
収穫は、3年後だが、乗用型の草刈機もあるし、桃の木の周辺の草刈は、菜園をするように足腰は痛くならないだろうと言う読みだ(笑)
そう思い通りに行くかどうかは、これまた不明だが・・・・・(笑)。
三年後に自分達で作った(桃)を食べられるのを、励みに植えようと思っている ・・・ 作業所要時間 1時間弱

別窓 | 菜園と造園 | | |
BACK | MACHIHOUSE 陸 | NEXT